浦安の歯科・歯医者なら、北栄デンタルクリニック

電話予約
WEB予約

コラム

コラム COLUMN

歯周病は自覚しにくい病気

皆さんこんにちは。

北栄デンタルクリニックです。

 

当院では、歯周病の早期発見・早期治療を強く推奨しております。

 

なぜなら、歯周病という病気は、発見や治療が遅れれば遅れるほど、失うものも大きくなるからです。

 

今回はそんな歯周病において、早期発見・早期治療が重要である理由をわかりやすく解説します。

 

顎の骨が破壊される病気

歯周病は、歯ぐきが赤く腫れるだけの病気ではありません。

 

重症化すると、歯を支えている歯槽骨まで破壊する恐ろしい病気です。

 

比較的軽度であれば、歯ぐきが下がる程度の症状に抑えられますが、進行すると顎の骨まで下がってしまい、取り返しのつかない状態に陥ります。

 

それだけに、できるだけ早い治療が肝要となります。

 

全身の病気を誘発する

歯周病が恐ろしいのは、全身の病気のリスクまで上昇させる点です。

 

おそらく皆さんも、歯周病が心疾患や脳梗塞、誤嚥性肺炎などを誘発することをご存知でしょう。

 

これらはとても深刻な病気なので、可能な限り予防しなければなりません。

 

歯周病もそのリスク因子のひとつであることを改めて確認し、早期治療に努めましょう。

 

歯周病は自覚症状に乏しい

歯周病は、「沈黙の病気」と呼ばれることがあります。

 

これは自覚症状に乏しく、気付かないうちに病態がどんどん進行していくからです。

 

本人が気付きにくいのであれば、早い段階で治療を行うのも難しいのでは?と思われるかもしれませんね。

 

それはある意味、正しいことです。

 

日本人の成人の8割以上が歯周病にかかっているといわれているのも、そういった現実があるからです。

 

ただ、3ヶ月に1回程度の定期検診を受けていただければ、歯周病の早期発見も難しくはなくなります。

 

まとめ

このように、歯周病は絶対に重症化させてはいけない病気といえます。

 

それだけに、予防や早期発見・早期治療が重要となるのです。

 

そんな歯周病をできるだけ予防したいという方は、ぜひ当院までお越しください。

 

歯周病予防につながる定期検診やクリーニングを実施いたします。