浦安の歯科・歯医者なら、北栄デンタルクリニック

電話予約
WEB予約

コラム

コラム COLUMN

親知らずの抜歯の痛みについて

皆さんこんにちは。

北栄デンタルクリニックです。

 

親知らずを抜歯したいけれど、施術に伴う痛みが不安、という方はぜひ当院までお越しください。

 

当院では、可能な限り痛みを抑えた親知らずの抜歯を実施しております。

 

そこで今回は、親知らずの抜歯に伴う痛みと、当院における痛みを軽減するための取り組みをわかりやすく解説します。

 

麻酔を打つので痛くない

親知らずを抜歯する際には、必ず局所麻酔を施します。

 

やはり、歯を人為的に抜くという行為は、その周囲に大きなダメージを与えるものなので、麻酔処置が欠かせないのです。

 

そのため、親知らずの抜歯に強い痛みが伴うということはまずありません

 

ただし、親知らずの生え方や患者さまの体質によっては、軽度の痛みを伴うこともあります。

 

また、麻酔を打つ際の痛みもある意味で避けることは避けることはできません。

 

痛みを和らげる取り組み

当院では、麻酔針を刺入する際の痛みを軽減するために、表面麻酔を使用しております。

 

また、薬液を一定の速度で注入することで、麻酔に伴う痛みを可能な限り軽減します。

 

ですから、麻酔処置に伴う痛みはほとんどないと考えていただいて問題ありません。

 

精密な抜歯処置

親知らずは、歯の根が曲がっているなど、すんなり抜き取ることができないケースが少なくありません。

 

難症例の親知らずほど、歯根を分割したり、歯茎を切開したりする処置が必要となることから、施術に伴う痛みやリスクも大きくなります。

 

そういったケースにおいては、歯科用CTを用いることで、患者さまへの心身への負担を最小限に抑えることが可能となります。

 

歯科用CTであれば、親知らずの歯根の形態や埋まっている状態を三次元的に把握できるからです。

 

その結果、痛みを抑えた安全な抜歯処置が可能となります。

 

まとめ

このように、親知らずの抜歯には、基本的に痛みは伴いません。

 

当院であれば、難症例の抜歯においても、可能な限り痛みを排除することが可能となっております。

 

ですから、親知らずを安全かつ確実に抜歯したいという方は、ぜひ当院までご相談ください。