浦安の歯科・歯医者なら、北栄デンタルクリニック

電話予約
WEB予約

コラム

コラム COLUMN

親知らずは歯周病になりやすい

皆さんこんにちは。

北栄デンタルクリニックです。

 

親知らずはいろいろなトラブルを引き起こしやすい歯です。

 

親知らずが原因で、歯や顎が腫れたり、痛みが生じたりするケースは珍しくありませんよね。

 

その理由は、親知らず歯もともと、むし歯や歯周病のリスクが高い歯だからです。

 

とくに「智歯周囲炎(ちししゅういえん)」と呼ばれる、親知らず特有の歯周病には注意しましょう。

 

智歯周囲炎とは?

親知らずを難しい言葉で表すと「智歯」といいます。

 

その周囲に炎症が生じるのがこの病気の特徴です。

 

でもなぜ、親知らずだけ特別な病名がついているのでしょうか、気になりますよね。

 

親知らずは汚れがたまりやすい

親知らずは、その他の永久歯と比べると、汚れがたまりやすい生え方をしています。

 

皆さんのお口の中にも親知らずがあれば、その生え方を一度チェックしてみてください。

 

斜めに生えていたり、半分だけ顔を出していたりするようであれば、要注意です。

 

プラークや歯石がたまりやすく、むし歯や歯周病のリスクが高くなっているからです。

 

治療をしてもすぐに再発する?

智歯周囲炎になったら、通常の歯周病治療を行うこともあります。

 

ただ、症状が重たかったり、再発のリスクが高かったりする場合は、時間をかけた治療は行わず、抜歯処置に踏み切ることも多々あります。

 

これは親知らずならではの判断といえますね。

 

むし歯においても、同様の判断が下されることがあり、親知らずの治療で抜歯が多くなる主な理由のひとつといえます。

 

抜かなくても良い親知らずもある

智歯周囲炎やむし歯になっても、抜かずに治療を行う場合は、保存することのメリットの方が大きいケースです。

 

例えば、親知らずが真っすぐきれいに生えていて、かみ合わせに参加している場合や、将来、ブリッジの支台歯として活用できる場合などは、出来る限り保存した方が良いといえます。

 

まとめ

このように、親知らずはもともと歯周病やむし歯になりやすくなっていますので、毎日のケアをしっかり行うようにしましょう。

 

親知らずに少しでも異常が認めらえたら、まずは当院までご相談ください。