浦安の歯科・歯医者なら、北栄デンタルクリニック

電話予約
WEB予約

コラム

コラム COLUMN

部分入れ歯と総入れ歯の違い

皆さんこんにちは。

北栄デンタルクリニックです。

 

入れ歯には、「部分入れ歯」と「総入れ歯」の2種類があります。

 

今回はそんな入れ歯の種類や特徴についてわかりやすく解説します。

 

部分入れ歯とは?

部分入れ歯とは、文字通り部分的な歯列の欠損を補う入れ歯です。

 

1~複数本の歯の喪失に対応することができます。

 

人工歯と義歯床、残存歯に固定するクラスプから構成されています。

 

患者さまのお口の中の状態に合わせて設計することが可能です。

 

バネの部分であるクラスプが気になるという方には、「ノンクラスプデンチャー」がおすすめです。

 

クラスプを使わない部分入れで、見た目が美しく、装着感も良好です。

 

総入れ歯とは?

総入れ歯とは、すべての歯を失った場合に装着する入れ歯です。

 

人工歯と義歯床だけで構成されています。

 

保険診療では義歯床の部分がレジンとなることから、食べ物の熱が伝わりにくい、厚みがあって違和感、異物感が大きいなどのデメリットがあります。

 

その点、自由診療の金属床義歯であれば、食べ物の熱が伝わりやすくなるだけなく、薄く作ることができるため、装着感も良くなります。

 

ちなみに、部分入れ歯でも金属床にすることが可能です。

 

患者さまに最適な入れ歯をご提案

入れ歯は、選択する治療法や材料によって、装着感も大きく変わります。

 

ですから当院では、患者さまのご希望やお悩みを丁寧にお伺いした上で、最適といえる入れ歯治療をご提案しております。

 

お口の中の状態というのは、患者さまお一人おひとりで大きく異なることから、精密な診査診断、設計が必要です。

 

当院であれば、そんな理想に近い入れ歯製作を実現することができます。

 

まとめ

このように、入れ歯には種類がありますので、それぞれの特徴を事前に理解しておくことが大切です。

 

とくに使用する材料については、患者さまが選べる範囲も広いので、それぞれの違いについて知っておくことをおすすめします。

 

さらに詳しく知りたい方は、お気軽に当院までご相談ください。